2525稼業は4月8日生まれのachacoとsaraのユニット。高橋裕氏が作詞・作曲・アレンジした口承伝歌、端唄、アジア民謡などアコースティック系日本語ポップスを歌っています。






















by nikonikokagyo

ライブのお知らせ

やっとライブのお知らせです!
デジオで以前話した通り、
お友達のTASKEくんが路上ライブ中に公務執行妨害で捕まり、
二週間もの拘留期間を経て罰金を払わされてしまったのですが、
今回は売上の一部をTASKEくんにカンパするという仕組みになっております。
今のところ決まっているのは以下の通り。

日にち:9/8(金)時間は未定(決まり次第お知らせします)
場所:武蔵小金井アートランド
出演:TASKE/冨桃/いちむらみさこ/ウラン/くぼあつこ/2525稼業
チャージ:¥1700(ドリンク含む)
アクセス:JR武蔵小金井駅南口から徒歩1分
〒184-0004 東京都小金井市本町1・16・6 小金井マンション1B
TEL&FAX 042-383-6155


今回の2525稼業は
TASKEくんのカバーを2曲(以前、TASKEトリビュートライブで歌ったもの)と、
新曲2曲(『勘太郎月夜唄』と『大江戸出世小唄』)、
『東雲節』と『どこまでも節』の添田唖蝉坊バージョン、
それから定番曲(『トラジ』『イカロスの墜落』『アラビヤの唄』など)を
いくつかやります。
『勘太郎月夜唄』は、第2次大戦中の昭和18年に東宝で封切られた
映画「伊那節仁義(サブタイトル「伊那の勘太郎」)」の主題歌で、
小畑実が歌って空前の大ヒットとなった曲。
高橋さんのボサノバ風アレンジが夏の夜にぴったりです。
『大江戸出世小唄』は昭和10年に封切りされた同名映画の挿入歌で、
当時、主役の高田浩吉本人が歌ったことが話題になったとか。
原曲は甲高い声で軽快に歌われる、不思議な味わいで、
2525アレンジがどうなるかは当日のお楽しみ。
添田唖蝉坊は演歌師で(当時)誰もが知っている曲の替え歌で
世相を斬っていたわけですが、今回はそのなかから
普段歌っている『東雲節』と『どこまでも節』を選びました。
権力に負けるな!というTASKEくんへのメッセージを込めて歌います!

そして、今回2525はピアニカ2台で頑張ります! 
お時間のある方、ぜひぜひいらしてください。(achaco)

[PR]
by nikonikokagyo | 2006-08-16 16:56 | LIVE
<< ライブのお知らせ、詳細編 帽子さすらい人 >>




S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧